星屑と共に

日記書いたり、アニメ・ラノベの感想書いたり、気になったネタを書いたりします。 あれ・・・普通のブログだ・・・。

カウンター

プロフィール

ハバネロ弐式

Author:ハバネロ弐式
性別:アーッ♂

趣味:アニメ、ラノベ

好きな音楽:ボカロ、アニソン

好きな芸能人:松岡修造

好きなスポーツ:パンツレスリング

つまり:ニコ厨

twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読み終わって】 ソードアート・オンライン 感想 【しまった・・・】

毎日が暇・・・

物語でハラハラドキドキを味わいたい・・・

ラノベって時間取られそう・・・


よし、ソードアート読もうか


* * *
今発売してる6巻まで、全部読み切ってしまった・・・


心底残念です。
早く続きを読みたいのに、読めば読むほど終わりに近づいてしまう。
はがゆい矛盾ですね。心底そう思います。


ちょっとネタバレ要素含みますが、軽く紹介でも。


ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
(2009/04/10)
川原 礫

商品詳細を見る


第一章
アインクラッド

ちょっとした近未来。
科学の進化はゲームにまで影響をおよぼし、遂に人間の5感と意識を全てゲーム内に飛ばせるハード、「ナーヴギア」が完成していた。(劇場版コナンのベイカーストリートに出てくるコクーンの小型verです。コナンはベイカーストリートと天国への~は必ず見ておくように、おもしろいから)

そして誰もが待ち遠しかったゲームジャンル、MMORPGが遂にナーヴギアで登場。タイトルは「ソードアート・オンライン(以下SAO)」
しかしそれは一度インしたら最後、ログアウト不可能、自身のHP消滅と共に現実の肉体も死亡するという悪魔のゲームだった。



ガチ王道展開なのにとても新鮮に見えるのは、この作者の文章力と設定の深さなんでしょうか。
なんとなく次の展開は読めるのですが、そこにどう持っていくか、どのように解決させるかでハラハラとドキドキで楽しいです。

このSAOというゲームも、ファンタジー要素大量なのに、魔法系統が皆無というのは中々に衝撃でした。
その代わりに、大多数の武器の種類や、それぞれの武器に合わせたスキルが揃えられ、魔法が入る余地は全くありません。

いかに作者がMMOを愛しているかがよくわかる作品です。
実際MMOをやったことのない俺でも、システムがわかりやすく、じっくりと世界観にのめり込める作品でした。

以下はネタバレになるので、世界観だけ説明。


ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
(2009/12/10)
川原 礫

商品詳細を見る


第二章
フェアリィ・ダンス

ゲーム名は「アルヴヘイム・オンライン(以下ALO)」

こっちはSAOと違って、自身の種族選び(シルフ、サラマンダー、ウンディーネetc)から魔法まで、ガチファンタジー。
ジャンルは同じMMORPG


ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈5〉ファントム・パレット (電撃文庫)
(2010/08/10)
川原 礫

商品詳細を見る


第三章
ファントム・バレット

ゲーム名は「ガンゲイル・オンライン(以下GGO)」

ゲームジャンルはMMOFPSで、武器の種類は光線銃と実銃と、大きく分けると二種類。
光線銃は対モンスター用、実銃は対人用と、しっかり役割分担されていておもしろい。
勿論実銃はほとんどが実際現実で使用されているもの。
幸い、知識が乏しい俺でもわかる得物がいくつかあったので、イメージしやすかったです。



個人的に一番おもしろかったのはSAO。
次にGGO、ALOかな。


最近は友人と妄想ステ振りとかして遊んでました。痛い子です。

7巻早くこい!!!!
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿










トラックバック

≫ http://vampiregallon.blog96.fc2.com/tb.php/9-d9cebc36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。